地域課題実習の履修案内

このページは横浜国立大学生向けに作られているページです。

地域交流科目とは

 『こっとんおとなりさんプロジェクト』は、横浜国立大学がグローバルな視野をもって地域課題を買行けるする先端的かつ複合的な実践能力を身につけるプログラムである「地域交流科目」に属するプロジェクトの一つです。「地域交流科目」は、横浜国立大学生の全学部生を対象とした副専攻プログラムです。そして、「地域交流科目」はコア科目と講義科目、実践科目の三つに分けられています。
 コア科目は、地域連携と都市再生A(ヨコハマ地域学)と、地域連携と都市再生B(かながわ地域学)、神奈川のみらい、横浜学──地域の再発見──の四つで構成されています。講義科目は、全学教育科目や教育学部などで、建築の環境と防災やベンチャーから学ぶマネジメントなどの講義などが開催されています。
 そして、『こっとんおとなりさんプロジェクト』が含まれる実践科目は実際に地域に出て、様々な方と連携しながら地域課題 を解決していく実践的活動の実習です。
 副専攻プログラムについてさらに知りたい方はこちら(地域交流科目 履修案内2022)から!

プロジェクト参加までの流れ

知る:オリエンテーションANDガイダンス

 地域交流科目では、プロジェクトへ参加したい方たちのために「地域課題実習オリエンテーション(以下:オリエンテーション)」と「地域課題実習ガイダンス(以下:ガイダンス)」の二つのイベントを行っています。
 まず、ガイダンスが四月八日から二十一日の二週間の間、昼休み(12:10-12:50)に都市科学部講義棟102号室で行われます。(コットンおとなりさんプロジェクトは4/15日と20日に参加しています!)。ここではプロジェクトの概要やプロジェクトへの質問を行うことができます。個人的には、プロジェクトに参加している人の雰囲気を知る程度の気持ちで参加すればいいと思います。また、下記に添付されているようなプロジェクトごとのチラシなどをいただけるところもあります。


 一方、オリエンテーションの方は四月十三日と十四日にYouTubeライブで配信されます。二十程度あるプロジェクトが今年度の行うつもりの活動について各プロジェクト五分程度で紹介してくれます。(『こっとんおとなりさんプロジェクト』の紹介動画はNowでYouTubeに公開されているので興味がある方はこちらから!

参加:履修登録ANDメール送信

 履修登録期間(四月八日から二十一日くらい?)に地域課題実習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵのいずれかを履修登録(これ大事!)したうえで「所属したいプロジェクト」を下記のURL『地域課題実習 参加プロジェクト申請フォーム』から登録申請をしてください。
※地域課題実習Ⅰ、ⅢとⅤの間に大した違いはありません。奇数と偶数で春学期と秋学期という違いはありますが、奇数同士・偶数同士の違いはありません。好きな数字を趣味で決めてください。

 ここからは各プロジェクトごとでかなり差がでると思います。
 その後、参加学生が決まったタイミングで担当教員か代表学生のどちらかから各プロジェクトの概要が送られてくると思います。『こっとんおとなりさんプロジェクト』では、Teamsへの登録のお知らせと次回のミーティングの日程の二つがメールで送られてきました。
※参加フォームから直接担当教員か代表学生に連絡がいくわけではないので、長いと二週間程度のタイムラグがあると思います。

始まり

 『こっとんおとなりさんプロジェクト』の場合について、お書きしておきます。
 『こっとんおとなりさんプロジェクト』参加学生は先生から送信されたメールの指示に従いTeamsで開かれるミーティングに参加してください。時間にきちんとした人が多いので、授業開始時間きっかりに始まります。数分前になってもミーティングが立ってなくてもあんまり気にしないでください。そんなもんです。

あとがき

 どうでしょうか? 「地域課題実習」についてはわかったでしょうか?
 何か疑問か不安があるのであれば、こちらの質問箱へ質問を投げてみてください。質問がページのクオリティ向上につながるので、win-winだと思って質問を投げてくれると助かります。
 あと、『こっとんおとなりさんプロジェクト』は絶賛人手不足なので、少しでも興味を持っていただけたのなら参加していただけると幸いです。本気で幸いです。入ってくれると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました