プレイパーク安全講習会に参加しました!

こんにちは。
8月21日に行われたプレイパークの安全講習会に、おとなりさんのメンバーが参加しました。

目次

概要

 星野町公園でのきらきらプレイパークが始まってから1年が経ったということで、プレイリーダーの方々とYPC(横浜にプレイパークを創ろうネットワーク)の方をお招きして、安全講習を開いていただきました。講習内では、プレイパークで楽しかった遊びや、危険だと思うことをワークショップ形式で共有しました。その後、けがや事故などをどのように防ぐか、また、どのように対処するのかについての説明を受けました。特にけがの対処法の説明ではポイズンリムーバーの使い方の説明を受け、参加者同士で実際に使うことで使用方法を確認しました。

  • ポイズンリムーバーとは?
    ポイズンリムーバーは、アブや蜂、蛇といった毒を盛った生物に刺されたときに体内に入った毒素を体外へ出すアイテムです。プレイパークでは、蜂や蛇などに刺されたり嚙まれたりしたときのために、ポイズンリムーバーを準備しています。

感想

 これまでプレイパークに参加するときは、子どもたちがどのようにしたら楽しいのか、何を考えているのかを気にしながら、子どもの視点を大事にしていました。しかし、今回の安全講習では、どうしたら子供たちが安全に大きな事故なくプレイパークを開催できるのかといった、大人の視点で子どもたちの安全を考えるお話を伺うことができました。
 子どもと一緒に遊びながらも、プレイパークを作る大人として場の環境の安全を頭に入れておく必要があるなと感じました。

タイトルとURLをコピーしました